お手頃価格の睡眠薬ならハイプナイトがおすすめ!   >   睡眠薬の種類について知ろう

睡眠薬の種類について知ろう

複数の薬のシート

これまで睡眠障害は医療機関による治療を受けて改善させることが一般的でした。心療内科や精神科などで処方してもらえる睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系、オレキシン受容体拮抗薬やメラトニン受容体作動薬などがあります。それぞれ異なる作用であるため、睡眠障害の症状によって使い分けることが可能です。

処方薬の中でも特に多い睡眠薬としてはベンゾジアゼピン系が挙げられるのですが、歴史が長いという点に加え、多くの不眠症状に効果があるというメリットがあります。
しかし副作用は比較的重く、起床後も眠気が取れにくいことも特徴です。人によってはめまいや頭痛が顕著に現れることもあるでしょう。

それに対し非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は副作用が少なく、依存性が少ないという点が魅力的です。ハイプナイトもベンゾジアゼピン系の睡眠薬なので、安心して服用することが出来るでしょう。
また、作用時間が短いことから起床後の眠気などを避けられるため、私生活に影響が及ぶこともありません。

オレキシン受容体拮抗薬やメラトニン受容体作動薬も睡眠障害の改善に効果的ですが、作用時間が長めなので、目覚めが悪くなる可能性があります。もちろん服用方法によっては症状改善にぴったりなので、まずはそれぞれの睡眠薬の特徴を比較し、自分に合うものを選択することが重要になります。

医療機関では医師によって処方してもらえる睡眠薬ですが、ハイプナイトのように処方せんが要らない睡眠薬を購入する場合、作用時間や効果について調べておく必要があるでしょう。またそれと合わせて服用方法を守ることも大切です。服用するタイミングなども睡眠薬の種類によって異なるため、自己流で服用することはやめましょう。