お手頃価格の睡眠薬ならハイプナイトがおすすめ!   >   こんな症状にぴったり!

こんな症状にぴったり!

起きるのがつらそうな様子

眠りに関する何らかの悩みを持つ人は、日本人の約2割だと言われています。睡眠障害はいくつかのタイプに分けられるため、ただ単に眠れないという症状だけが特徴なのではありません。

一般的に「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」の4つが代表的な症状です。それ以外にも睡眠時無呼吸症候群やむずむず脚症候群、過眠症なども挙げられますが、睡眠薬の服用が必要になる4つの症状とは少し異なる特徴があります。

入眠障害や中途覚醒の2つに関して説明すると、入眠障害は寝つくまでに時間を要する状態、中途覚醒は短時間で目が覚めてしまう状態を言います。この場合は脳や体が覚醒状態にあることが原因として考えられるのですが、それを改善するためには服用してから短時間で効いてくれる睡眠薬が最適です。ハイプナイトはすぐ効いて副作用も少ないという便利な睡眠薬なので、入眠障害や中途覚醒に悩む人にこそ適していると言えます。

なかなか眠れない時には「早く眠らないと」という不安から、余計に脳が覚醒してしまうという状況に陥りやすくなります。睡眠時間が削られてしまう焦りは不眠を悪化させる要素になってしまうのです。
ハイプナイトは床に入る前に服用することでスムーズに眠りにつくことが出来ます。そのため不安や焦りを感じることもなくなり、ストレスも軽減されるでしょう。

睡眠障害を抱える人の中には、うつ病と不眠を併発しているケースも少なくありません。うつ病によって自律神経のバランスが崩れると、睡眠障害の症状が現れやすくなります。
その場合にもハイプナイトの服用は可能ですが、症状によっては別の睡眠薬が適していることも考えられるでしょう。他の薬との併用が可能かどうかを確かめることも大切です。